保険は長生きすると得?損?

生命保険をかけていると、健康的で、長生きした人はちょっと損かな?とおもえてしまう事もあるかもしれません。

生命保険は病気やケガなどで入院した、もしくは治療を受けた時だけそのお見舞金としてお金が支払われることになります。

当然、病気やケガが無かったら、治療も受けませんので、保険金を受けることはありません。万が一の事を考えて保険をかけている人からすると、保険金はいつか万が一があった時の貯金の様な考え方をされている事でしょう。

しかし、保険金を支払い続けても体が元気で医者いらずだとその保険金もあまり意味がないかも知れませんね。嬉しいことではありますが、やっぱりちょっともったいない気もしてしまいますね。